ソーシャルワーカーデーin神奈川 2018

ソーシャルワーカーデーin神奈川 2018
 
ソーシャルワーカーデーin神奈川
 
ソーシャルワーカーデーin神奈川
 

内容

内容
 

タイトル

第5回ソーシャルワーカーデーin神奈川 2018

内容(概要)

2軸の視点から支援に関わる上で、2つの領域を持って活動しているソーシャルワーカーに登壇頂き、2つの領域の相互作用から気づいたところ、2つの領域の視点から見えるものについて、「2軸の視点から」 の想いをお聞きしたいという趣旨で企画しました。チラシにあるのは『ホテイ草』です。水面を静かに揺れながら動くので「揺れる想い」といった花言葉があるようです。2つの領域で仕事をしていく中で、日々抱える想いを知り、ともに考えを分かち合う機会にしたいと思います。 
 
<登壇者>
千木良正 弁護士(小長井・千木良・渡邉法律事務所所長)
司法試験受験生当時に関わっていたボランティア団体の活動を通じて、障害のある人の権利擁護の問題に 関心を持ち、司法試験合格後、社会福祉士の資格も取得。弁護士登録後は、成年後見や虐待対応など福祉現場で権利擁護の問題に携わるとともに、福祉系の学校で法律を教えたり、ロースクールで福祉を教えるなど、司法と福祉の連携のための活動にも取り組む。 
 
島田恭子 社会福祉法人真生会理事長(白百合パークハイム施設長)
障害児保育や障害者支援を経て母子生活支援施設(当時は母子寮)に入職し、相談業務の専門性を学ぶために社会福祉士取得。その後、乳児院での精神疾患を抱えた保護者支援に携わり、精神保健福祉士取得。地域子育て支援の必要性を感じて、集いの広場事業「親子のひろば  にこにこパーク」を開設し、ベビーマッサージやベビーヨガを通してアタッチメント形成の必要性を伝えている。保育士養成校非常勤講師・育児セラピスト養成トレーナー 
 
成田光江
福井県立大学看護福祉学部看護学科准教授
一般社団法人みなと地域包括ケアシステム研究所代表理事
福井県立大学看護福祉学部看護学科准教授  (一社)みなと地域包括ケアシステム研究所代表理事三次救急の病院に勤務する看護師であったが、遠距離介護の経験を機に社会福祉士を取得。看護と福祉の視点を活かしながら、後進の養成のために教職に転身。一方で、東京都港区の地域包括ケアシステムにおける全年代・全領域対象型の在宅医療・療養連携支援システムを構築するなど、子育てと介護と仕事が継続できる地域の環境づくりにも取り組んでいる。
 
司会 山下 康 公益社団法人神奈川県社会福祉士会会長

開催日

2018721日(土)

時間

140016:30

受付時間

13:30

会場名

横浜市開港記念会館6号室

会場住所

横浜市中区本町1-6

会場URL

http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/acces.html

交通アクセス

JR京浜東北線・根岸線「関内駅」南口から徒歩10分(約700m)
市営地下鉄線「関内駅」1番出口から徒歩10分(約700m)
みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口から徒歩1分(約50m)

対象者

どなたでもご参加いただけます。定員100名

参加費

無料

申込方法

下記フォームよりお申し込みの上、当日直接会場へお越しください。

(定員を超えた場合のみご連絡します。) 

備考

   天時の中止・延期について

台風・降雪・地震等自然災害発生時の研修等の開催に変更が生じる場合は。研修当日の朝6時までに神奈川県社会福祉士会の留守電番号(045-317-2045)及びホームページ(http://www.kacsw.or.jp/)でご案内いたしますので各自確認ください。

 

詳細案内PDF

詳細案内PDF
 
 

申し込みフォーム

申し込みフォーム
 
事前申し込みは締め切りました。定員に余裕がありますので当日参加可能です。
ご希望の方は当日直接会場へお越しの上、当日参加の旨をお伝えください。
 
<<公益社団法人神奈川県社会福祉士会>> 〒221-0844 神奈川県横浜市神奈川区沢渡4-2 神奈川県社会福祉会館3階 TEL:045-317-2045 FAX:045-317-2046