多文化SW・外国人相談支援の現状

 

研修概要

研修概要
 
   
タイトル
コロナ禍における外国人相談支援の現状
内容(概要)
主催:多文化ソーシャルワーク委員会
 
この度、新しく発足した「多文化ソーシャルワーク委員会」は、神奈川県の国際化、住民の多様化、外国人介護士の増加等の動向を踏まえつつ、グローバル定義に基づくソーシャルワークの専門性を活かし、多文化共生社会の実現に寄与することを目的とした活動を行います。
 
 今回は、神奈川県の外国人相談支援を担う中、外国人のニーズ、コロナ禍での課題、相談支援体制等を紹介します。
 
講師:野田有紀氏(神奈川県外国籍相談 社会福祉士、昭和女子大学助教)
 
 なお、新型コロナウィルスの感染対策として、
  1. 50名用の会場を主催者を含め25名定員とすること、
  2. 受付で健康状態を確認させて頂くこと、
  3. アルコール消毒をして頂くこと、
  4. マスク着用をお願いすること、
  5. 研修終了後の名刺交換等は最小限とし、速やかに解散すること等を予定しております。
ご理解、ご協力の程よろしくお願いします。
開催日時
2020年9月18日(金)18:45~20:30(受付18:30~)
会場
西区福祉保健活動拠点「フクシア」多目的研修室
会場URL
アクセス
横浜駅東口徒歩4分
対象者
社会福祉士、興味関心のある県民の方
定員
先着25名(感染予防のため人数限定)
参加費
無料
申込方法
下記申込みフォームからお申し込みください。
備考
台風・地震等の自然災害発生時、感染症等の予防対策のため開催に変更が生じる場合は、前日の夕方5時までに神奈川県社会福祉士会の留守番電話番号(045-317-2045)及びホームページ(http://www.kacsw.or.jp/)でご案内いたしますので各自ご確認下さい。
 
 

詳細案内PDF

詳細案内PDF
 
<<公益社団法人神奈川県社会福祉士会>> 〒221-0844 神奈川県横浜市神奈川区沢渡4-2 神奈川県社会福祉会館3階 TEL:045-317-2045 FAX:045-317-2046