研修の概要

研修の概要
 
タイトル
横浜支部 連続講座 初級編
社会福祉×別領域の科学反応 今 ソーシャルワーカーに求められる新たな知見
内容(概要)
変わる社会に代わる私~蓄える編~
人口現象か・空き家の増加・社会的孤立・生活困窮などの問題が、地域の治安・就労・所得・教育などにも影響を与えている。このような状況下で、既存の福祉サービスや援助の方法だけでは既に問題の把握さえも困難になっている。ソーシャルワーカーも新しい援助システム・連携を創造するために新たな力を蓄える必要がある。社会の課題に対し別領域ではその問題をどう捉え、どのようなアプローチがなされているのか。ソーシャルワーカーが新たな知識を蓄えることを目的に、別領域とされる研究者・実践家を討議の場に招き交わることで新しい援助の手法・連携を共に考えたい。
 
領域を超えて・組織を超えて・立場を超えて
第3回 平成30年5月27日(日) 13:30-16:30
横浜市港南区福祉保健活動拠点
コーディネーター 創価大学 西川ハンナ
<ソーシャルワークと異文化>
近年、グローバル化により外国籍、他民族など、私たちは異なる文化的背景をもつ人々を対象にソーシャルワークを展開します。しかし、貧困問題、経済的格差などにより、内なる「異文化」的な背景を感じる機会も増えています。連続講座の最終回は、「他者との異なり」について共に考えていきます。
 
第一部 異文化的な背景を持つ人に対して我々はどう向き合うのか。
社会福祉学 文教大学 森 恭子 
第二部 内外の異文化について
・ ろう文化と日本社会
 文教大学 大学院 笹井 雄司
・ エスニック・コミュニティと日本社会
 在日ミャンマー女性
開催日
平成30年5月27日(日)
時間
13:30~16:30
   
会場
横浜市港南区福祉保健活動拠点
会場住所
〒233-0003 港南区港南4丁目2番8号3階 港南区福祉保健活動拠点内
会場URL
交通アクセス
市営地下鉄 港南中央駅 徒歩5分
バス 港南区総合庁舎前下車 徒歩5分
対象者
どなたでもご参加いただけます。40名
参加費
500円
申込方法
下記フォームからお申込みください。
備考
荒天時の中止・延期について
台風・降雪・地震等自然災害発生時の研修等の開催に変更が生じる場合は、研修当日の朝6時までに神奈川県社会福祉士会の留守電番号(045-317-2045)及びホームページ(http://www.kacsw.or.jp/)でご案内いたしますので各自確認ください。
 
 

詳細案内PDF

詳細案内PDF
 
案内 ( 445KB )
 

申し込みフォーム

申し込みフォーム
 
事前申込みは締切ました。定員に余裕がありますのでご希望の方は直接会場へお越しください。
<<公益社団法人神奈川県社会福祉士会>> 〒221-0844 神奈川県横浜市神奈川区沢渡4-2 神奈川県社会福祉会館3階 TEL:045-317-2045 FAX:045-317-2046